小学生男の子子育てブログ

小学1年生男子の子育て 毎日を花マルに

幼稚園や保育園を経て、無事小学校に入学し、本格的な学生生活に突入した(!)息子。家庭学習をどのように定着させていくか、中学受験をするか・しないか、小学校の6年間で、目まぐるしく変わる体や心など、親の悩みは尽きないものです。そんな中でも「まいにち、花マルに」楽しく息子とかかわるように心がけています。息子と私と時々お父さん(笑)の日々をまとめてみました。

 

○お勉強について

○体の成長について

○心の成長

○その他

《国語》

・簡単な国語お勉強方法

 

《算数》
・文章問題(小学校低学年)
・算数アプリ
・大きな数のお勉強

 

《生活 社会・理科》
・47都道府県名の覚え方@
・47都道府県名の覚え方A

・副鼻腔炎

・子供の歯 虫歯予防
・子供の歯の磨き方と
 親の仕上げ磨き

・アタマジラミ(シラミ)に
 ついて

・一回でできないとダメ ・ボーイスカウト体験

・「ドラゴンボールで科学」
・中学受験する?しない?
・小学校のお祭り
・父の日

 

○当サイトを立ち上げた理由

 

息子が通っていた幼稚園は、お勉強にも運動にも力を入れていました。幼稚園卒園時には、学習ノートに
辞書調べ、お裁縫に運動など、親も目を見張るほどの成長ぶりをみせてくれました。

 

ところが、同じ幼稚園卒園生のママさんに聞いたところ、「幼稚園を卒園してから、出来ていたことが
何もできなくなってしまった。卒園のときには、あんなに色々出来ていたのに・・・」という声を聞いて
びっくり!

 

小学校では、幼稚園とまったく同じように過ごすわけでではないので、幼稚園のときにたくさん出来ていた
運動やお勉強も、すっかり忘れてしまった・・・ということでした。お勉強や運動など、9歳まで繰り返して
行なうと習慣として根付きやすいのですが、逆を言えば9歳まで続けないと、習慣化しないそうです。

 

椅子に座る姿勢や、辞書を引くこと、針仕事にお手伝い、家庭学習など、全てそれに当てはまるのです。

 

今まで幼稚園で過ごしてきたお勉強など、卒園時に持ち帰った記録を見ながら、このまま何も
しなければ、確実に忘れてしまう
のだろうな・・・と思いました。
この頑張りを無かった事にしてしまうのは、あまりにも惜しい・・・と思うようになりました。

 

そこで、小学校入学を機に息子との関わりを見直して、幼稚園時代と同じとはもちろんいかないけれど、
私なりにお勉強や運動に良いと思うことを継続的に続けていこうと思い、このブログを立ち上げるに
至りました。

 

お金をなるべく使わず、子供の興味を引き出して、継続することの大切さを体・心・お勉強・その他に
分けてまとめてみました。

 

もちろん、私も迷ったり・手抜きしたくなったり(笑)します。なので私も楽しんで、いい日もダメな日も、
まいにち花マルで過ごしていこうと考えています。

 

当サイトに掲載していることは、息子との関わりで得たこと・考えたことを主にまとめています。息子には、
興味があって楽しくても、他のお子さんには興味がないことかもしれませんので、あしからず
ご了承ください^^

 

次のページは、我が家の小1男子 国語勉強法

 

○息子の母がのんびりつぶやく独り言

 

今日は、テレビの金曜ロードショーで放送されていた「天空の城 ラピュタ」を子供と一緒にみました。
私が子供のころに見て感動した映画の一つで、宮崎駿作品の中で、トトロの次に好きな作品です。
息子も一生懸命みてました^^
久しぶりに見ましたがやっぱり、良い作品だなと思いました。
息子には是非、パズーのような勇敢な青年になってほしいと思っています^^

 

 

2学期の終わりに成長の記録を持ち帰ってきました。身長を見てみると、
4月で118.6cmが9か月たった今年の1月には、122.7cmになっており、
4cmも伸びていることにびっくり。
体重も3.5kg増えていました。成長が著しいお年頃のようです。

 

親としては、スクスク成長していることが目に見えてうれしいものです。
2学期も無事に終わって、3学期が終わればもう2年生。早いものです^^

 

今日は、習い事(体操)で縄跳びの前とびが、50回できたと喜んでました。約半年前は、縄跳びを
したこともなかったのに、成長を感じました。
けん玉の「もしかめ(大皿と中皿を交互にする)」も連続100回を越しており、日々の練習が成果と
なって表れてきているように感じます。

 

今日は学童で個人面談があり、学童の先生と30分くらいお話ししました。学童では、同じクラスの男の子と
主に遊んでおり、楽しく過ごしているようで安心しました。3年生や4年生のお兄ちゃんに対しても、1年生
(同級生)と同じように乱暴な口をきいたりしてしまうので、そこを先生は注意してくれているようです。
息子は1人っ子なので、年上のお兄ちゃんと接する機会があまりなかったため、年上でも悪気なく口が
乱暴になるようで・・・そんな細かいことまで、気にしていただいているのは、とてもありがたいことだと
感じました。
今度は、小学校の担任の先生と個人面談があります。約10分程度ですが、どんな話をするか
考え中です。

 

新聞にボタン電池を子供が誤って飲み込んでしまう事故が続発している
という記事がありました。

 

ボタン電池は、10円玉よりも小さい形が主流で、小型の家電やおもちゃなど
生活の中で幅広く使われている電池。

 

そんなボタン電池を子供が誤って飲み込んでしまうと、短時間で食道や胃が
ただれてしまい、最悪の場合穴が開いてしまい、命の危険もあるとのこと。

 

特に5歳以下の誤飲が多いので、注意ておくことに加えて、ボタン電池は
鍵のかかるところに保管し子供の手に届かないようにしたり、子供の前で
電池交換をしない、ボタン電池の収納部分は簡単に外れないように、
ガムテープなどで補強するか、子供の手の届かないところに置く・・・など
子供が誤飲しないための条件が掲載されていました。

 

ボタン電池は、使用済みでも誤飲するとただれが起きるため、捨てる時にも注意が必要となる。
子供の安全をちゃんと守るために、注意したいことですね。

 

小学校の図工展に行ってきました。息子が作った緑の鬼のお面と絵を
鑑賞してきました。

 

初めての図工展でしたが、全学年ともに先生方がきれいに展示してくれて
おり、見やすく伝わりやすい展示会でした。
正直、さーっと息子の作品だけ見て、帰ろうと思っていたのですが、2年生
以上の作品の完成度と、一生懸命作った様子が伝わって、じっくり見て
回りました。
これから息子が作っていくであろう作品もがぜん楽しみになりました。

 

 

図工展と一緒に、自由参観もあり息子の授業の様子を見てきました。息子の小学校は、新校舎ができた
ところで、その校舎に図書室が入っています。その新しい図書室で1時間目がありました。
自分の好きな本を探して、読んで、先生の読み聞かせもみんなで聞いて・・・と非常に楽しそうな授業
でした。さすが新しい校舎なだけあってきれいでしたし、本の冊数も豊富でした。
大きなサイズの絵本もあったり、自分が子供のころに小学校で借りて読んだ本や、新刊もあったりと
子供たちは本読み放題で、うらやましい限りでした。

 

2時間目は、道徳でテーマは「宝物」。息子の宝物は「お父さん」とのことで、そのことを夫に伝えると
とても喜んでいました。お父さん冥利に尽きるでしようね。
3・4時間目は、どんぐりや葉っぱ、松ぼっくりでおもちゃを作る授業でした。
息子は、紙コップと松ぼっくりで、けん玉を作ってました。気に入ったようで、家でも遊んでいました。

 

お昼からはボーイスカウトで草滑りを1時間半くらいして、汗びっしょりになって遊んでました。
今日のボーイスカウトは、自由参加で、参加人数息子のみ(笑)でしたが、本人は大満足の様子でした。

 

香川県内の小学4年生を対象に行った血液検査の中で、肝機能・脂質・
血糖値の異常が見つかった子が、それぞれ1割見つかった子事により、
自治体と地元の医師が協力して、生活指導を行った例を紹介。
読売新聞の記事です。

 

香川県三木町では、中学1年生を対象に、29年間血液検査を実施し、
子供の生活改善に貢献しているという。子供の食事や運動に注目する
ことで、家族全員の健康状態が改善することが多いとの結果も出ている
そうです。

 

子供の時から健康に気を付け、運動もすることで大人になってからの
生活習慣病を予防できる良い取り組みを知りました。

 

息子が、学校から成長記録を持って帰ってきました。
身長が5ヵ月で約3cmも伸びており、びっくり^^
そういえば、最近久しぶりにあったお友達のお母さんから、背が伸びたねと言われたなぁ。成長が著しいお年頃のようです。

 

男の子は、怖いくらいご飯(食事)を食べるので用意が大変と、以前聞いた
ことがありますが、そんな日も近いのかもしれないと思うこの頃です。

 

 

 

学校から、ベルマークを収集お願いのお手紙が届きました。
ベルマークのホームページを見ながら、息子とベルマークは
何のために集めるのかを一緒に調べました。
インクカートリッジ(使用済み)は、ベルマークがついていない
のですが、回収対象になるそうです。
学童のおやつにもベルマークがついていたようで、空箱を家に持って
帰ってきてくれましたので、それも一緒に提出しました。

 

新聞に、子連れ出勤の企業が増えてきたとの記事が出て
いました。
保育所不足で働けないお母さんに朗報のようです。
しかし、記事では、会社に子供を連れていく事のメリット以外に
も、外遊びや運動のことも含めての考慮が必要と掲載されて
いました。
企業によって、保育士が常勤で子供を見てくれるところも
あれば、事業所内に保育施設を作るところも増加してきており、
子供を育てながら働くお母さんにとって、働きやすい環境作りに
企業も積極的になってきているようです。

息子が言っている学童保育の班長会議がありました。今日は、夫が接待で不在のため息子も一緒に
班長会議に行きました。親が話している間、ほかのお子さんとゲームの話で盛り上がっていた息子。
息子の行く学童には、お部屋が2つあり同じお部屋ではないお子さんでしたが、帰りには「バイバイ」って
挨拶していました。普段、そんなに接点のない子供同士でもすぐに仲良くなれるから、子供ってすごいな
と思います。

10月に入りました。夏休み後の息子は、変わらず元気に小学校に通っています。
風が冷たく感じ体調を崩しやすくなっています。もうすぐ、年末ですのでクリスマス・お正月のことを考え始めますね。
今年のクリスマスケーキは、高島屋のクリスマスケーキ大丸のクリスマスケーキを注文しようと思って
います。百貨店のクリスマスケーキは、初めて注文するので、ドキドキです。